カーポートのリフォーム

カーポートのリフォームで大切なポイント

カーポートリフォームを考える場合には、なんといっても車が出入りするのですから、安全な駐車場であることが第一です。安全確認が十分にできて、出入りできるカーポートにしましょう。その次に考えるのは、外観。カーポートは外からも見える場所になるので、外観も考慮しなければなりません。余裕があれば、出入りしやすいように車が旋回できるような動線も検討してもいいでしょう。カーポートのリフォームポイントについて、千葉で庭・エクステリアリフォームを行っている髙橋造園がご説明します。

車のサイズと駐車について

車の全長や幅をふまえて、乗り降りや荷物の積み下ろしに必要なスペースを確保しましょう。車のサイズを考慮せずにカースペースを作ってしまうと、雨の日の出入りなどで苦労します。また、車を買い替えることも考慮して、ゆとりをもったスペースにしておくことも忘れがちなポイント。2台以上になると、並列にするのか、縦列にするのか、あるいは、それらを組み合わせるのかによってもデザインが異なります。複数台の車を駐車する場合は、車がすれ違うことをふまえたファサードゾーンを作ることを忘れずに。

家の前の道路との関係

道路と接する角度や段差などを細かく調べて、どのように出入りするのかをしっかりとシミュレーションしておきましょう。車が曲がるときの軌跡も考慮して、余裕を確保しておかなければ、なんどもハンドルを切り返すことになります。さらに、道路の交通量や歩行者などのことも想定して、ストレスなく車の出し入れできる空間にしましょう。

建物や庭とカーポート

カーポートは外観を大きく変えることになるので、外から見た様子、庭から見た様子、そして、室内から見た様子と、さまざまな角度からのアングルを意識しましょう。場合によっては、建物に対して斜めに駐車することで、室内にいるときの圧迫感を和らげることができます。さらに、庭にある物置との位置関係も考え、バーベキューセットの積み下ろしや、買ってきた園芸用品をどこへ運ぶのかなどの動線も検討しましょう。

髙橋造園について

千葉にある庭・エクステリアリフォームの髙橋造園は、これまで多くの庭やエクステリアを手掛けてきました。丁寧で高品質な工事が実現できるのは、すべて自社対応しているから。来店していただければ、設計ラフも無料作成させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。