外構・エクステリアの基礎知識

これだけは押さえておきたい外構・エクステリアの基礎知識

住宅の話をするときには、外構とかエクステリアという言葉がよく使われます。しかし、具体的にどの部分のことでどんなデザインがあるのかをご存じの方は少ないのではないでしょうか? 千葉で庭・エクステリアリフォームを行っている髙橋造園が、プロの目線から基本的な意味や、混乱しやすいことを整理して基礎知識としてお伝えします。

エクステリアの意味

「エクステリア」は英語なのですが、日本語で適切な言い換え表現がないため、人によって微妙に使い方も違っています。一般的には、住居の室内空間をインテリアと呼ぶのに対して、それ以外の敷地内のことを総称してエクステリアといいます。ただ、住む人のライフスタイルや価値観によって、エクステリアの主要部分がどこになるかは十人十色でしょう。

エクステリアに近い意味の日本語としては「外構」という言葉がありますが、構造物自体を指すときに使うので、厳密にいうとニュアンスが異なります。エクステリアはどちらかというと、空間や環境といったニュアンスが含まれているからです。

エクステリアの個々の要素
庭まわり カーポート 門まわり アプローチ・階段

オープンデザインとクローズデザイン

エクステリアのデザインは、オープンデザインとクローズデザインの2つに分類できます。

オープンデザイン

塀や柵で道路との境界を仕切らないというデザインで、門扉をつくらないアプローチになります。のびのびと開放的な印象になりますが、防犯や防音など、セキュリティやプライバシーの観点では懸念が残ります。

クローズデザイン

オープンデザインの逆で、道路との境界を門柱・門扉、塀・生垣などで敷地の周囲を囲むスタイルになります。窓を解放する、庭でバーベキューをするなど、近隣や通りの目を気にすることなくプライベートを満喫できます。防犯などにも効果が大きいというメリットもあります。

実際のエクステリアでは、明確に分かれるというよりも、両者の中間のセミオープン、セミクローズといったデザインが多くなっています。カーポートをオープンにする、フェンスなどを低くするといったことも多く行われています。何を重視するのかをしっかり考えてエクステリアのデザインを決めるようにしましょう。

エクステリアの要素でデザインは変化します
庭まわり カーポート 門まわり アプローチ・階段